タイガーアシスト

脱サラした40歳女性がひとり便利屋業に奮闘しながら成長していくブログ

YouTube アシスト

この度は、ブランデザイン特許事務所さんより『商標登録の大切さを世の中に分かりやすく伝えるのを手伝ってほしい』とのご依頼を頂きました。

タイガーアシストが便利屋業界の異端児だとすると、ブランデザインさんはそれに輪をかけた意匠・商標業界のスーパー異端児。ゆるくてかわいい『ゆるカワ』という、新しい弁理士事務所のかたちを日々追求されています。

商標権について、皆様はどの程度ご存じでしょうか。タイガーもお話を伺ううちに、自分が他人の商標権を侵害するのも、また、されるのも避けなければならないことを痛感しました。『アイホン』、『サクラホテル』の事例とか、こわい、こわい~。ご興味のある方は、ブランデザインさんの『ゆるカワ商標ラジオ』というYouTube番組で色々な事案が取り上げられていますので、ご視聴下さい。

その『ゆるカワ商標ラジオ』が中々面白いと感じたタイガー、その番組の中で『弁理士と一緒にオリジナルキャラクターを作る会議の様子を放送してはどうか?』と提案しました。岡村弁理士の素晴らしいところは、『いっすね』となるとすぐ実行に移されるところ。やはり仕事ができる男は違いますね。

オリジナルキャラクターに限らず、商品の名称・ロゴ・シンボルマークなどを決定する際に、弁理士に立ち合ってもらえれば、その時点で他人の商標権を侵すことなく、適切な選択肢を採用することができます。最近は個人で事業をされてる方が非常に増えているので、その方面の知識が不足しているがために、気付かないうちに法を侵している危険性が…。『タイガーアシスト』も既に登録がされていないか、名乗る前に一応検索しました。そして、万一ブレイクした際には、速攻この名称を登録する予定です。素人には敷居が高く感じられる『弁理士』先生ですが、岡村弁理士は『国民の同級生』といった感じのお方。トレーナー姿でコタツに入りながら話している感覚でなんでも相談できます。あまりの自然さに『この兄ちゃん、大丈夫か?』という思いが一瞬頭を過りますが、そのありあまる余裕は確かな知識と経験に裏付けられていることが次第に分かってきます。能ある弁理士は爪を隠すってやつですね。

さて、肝心のYouTube撮影。大まかな筋だけは決めていましたが、さすがゆるカワだけあって収録はぶっつけ本番でした。もう一人の出演者・河相我聞さん(?)においては、お会いしたのもその場が初めて。想像を絶するのお二人のゆるさに翻弄されながらも、必死に食らいついていくタイガーの雄姿を是非YouTubeでお楽しみ下さい!

www.youtube.com

 

明日もお楽しみに🐯🍖✨