タイガーアシスト

脱サラした40歳女性がひとり便利屋業に奮闘しながら成長していくブログ

お見舞いアシスト

昨日のご依頼は、『手の手術をするので、その後元気づけてほしい』というものでした。エネルギー有り余りまくりのタイガーには持って来いのご依頼、誠にありがとうございます!

体を元気にするには、好きなものを思い切り食べるのが一番!依頼者さんの食べたいものをタイガーが代理で購入してお届けする『タイガーイーツ』のサービスをご提案したところ、『治一郎』のプリンをご依頼頂きました。『治一郎』のバームクーヘンは知っていたものの、プリンは初めてのタイガー。高級で見るからに美味しそう&一部の店舗では取り扱いがないこの曲者を、あたかも自分のもののようにどや顔で大人買いし、ひと時のセレブ気分を味わいました。

お宅に伺うと、お元気そうな依頼者さんがお出迎えして下さいました。手術は前日に短時間で無事に成功し、包帯もとれた状態でした。手先が不自由ながら、タイガーのためにお茶やお弁当を用意して並べて下さいました。そして、食後には先ほどお届けしたプリンが…!まるでシルクのような、目を疑うきめの細かさと艶。舌の上でとろける極上の美味しさは、はかなげに移ろっていくので、目を閉じて静かに味わいました。依頼者さんも久しぶりに食べられたとご満悦でした。タイガーイーツ、初回から絶好調です!

食後は、依頼者さんにヘッドマッサージをして差し上げました。タイガーは『アクセスバーズ』という、脳内の記憶のゴミをクリーニングするリラクゼーション法を施術することができます。お部屋だけでなく、脳の中まで片付けてしまうタイガーアシスト!施術時間は一時間ですが、依頼者さんは始めの5分で深い眠りに入り、最後までそのままでした。終了後、『一瞬に感じた!』『頭がすっきりした!』『目がいつもより開いて視界が広く見える!』と大絶賛でした。人によっては『別に』と、エリカ様状態になってしまうこの施術、依頼者さんの体質には合っていたようで、こちらで見ていても一段と若々しく美しくなっていました。リフレッシュできたようで本当によかったです。

ほどなく、小学校1年生の息子さんが帰宅しました。元気で聡明な本当に可愛らしい男の子です。パーツ別で両親それぞれに酷似していて、とっても親孝行!先ほどのプリンを出されると、やはり7歳でも違いが分かるようで、スプーンで薄く削ってなめるように味わっていました。治一郎おそるべし。

息子さんへのアシストも承り、先ずは国語の宿題から。息子さんが教科書を音読するので、その評価を保護者の感想欄に記入します。息子さんがタイガーのために、ちょっと長めの話をフルで読んでくれました。家族が犬を飼い始め、犬が人間よりも先に歳をとり、やがて死んでいく様を綴った物語—この、なんの飾り気もない話を、なんの飾り気もなく音読され、こらえきれずマジ泣きするタイガー。そして、『よく読めました』くらいの感想しか期待していない小さな感想欄に、『読み誤りもなくリズムも一定で、非常に聞き取りやすかった。純粋で力強い語り口が聞く者の涙を誘った。』とびっちり書き込みました。息子さんは国語が得意とのことで、秀逸な作文もいくつか見せて頂きました。特に北海道旅行のエピソードは、イソップ物語を彷彿とさせる寓意に満ちていました。牧場で美味しいソフトクリームを勧められたが、『この後かき氷が出てくるかもしれない』と勝手に憶測し、お腹に余裕を残すためソフトクリームを断ったものの、結局その後かき氷には遭遇せずどちらも食べられなかった、という話。人生の読みの難しさを皮肉りつつ、酪農王国北海道でソフトクリームではなくかき氷を食べようとする滑稽さも魅力。明治の文豪の短編小説のような作品ですね。

漢字ドリル、算数のドリルを終えて、今度はお片付けのアシストです。『一人でも片付けができるよう指導してほしい』とのミッションを受け、息子さんの謎の私物で雑然としているスペースを一緒に片付けました。木箱の中には沢山の手作りメンコが無造作に放り込まれていました。手作りメンコの絵のクオリティーに感心しつつ、数枚ずつ輪ゴムで束ねてはどうかと提案しました。息子さんは自ら積極的にゴムで留めて、『こうすると取り出しやすい!』とテレビショッピングの司会者ばりのナイスリアクション。メンコが整然と入った木箱を、自ら丁度良いデッドスペースに収納して、お部屋を一層すっきり見せることに成功しました。将来有望です!

最後は親子揃ってタイガーを駅まで送って下さいました。『お母さんは手が痛いんだから、手伝ってあげてね』とタイガーがお願いすると、『うん』と約束してくれました。頼もしい!

人に元気を分け与えられる喜び、そして家族の絆に触れることができた、充実のお手伝いでした。どうぞお大事になさって下さいね!

明日もお楽しみに🐯🍖✨