タイガーアシスト

脱サラした40歳女性がひとり便利屋業に奮闘しながら成長していくブログ

仕事がない日のお茶濁し35

🐯勝手にタイガーアシスト🐯 ~恋愛ドラマ編~

 

新しいドラマの企画をいきなり&勝手にご提案しちゃいます!

水10恋愛ドラマ『タイガーは恥だがアシストは役に立つ』

第1話 秘密のアシストのはじまり

          3月3日水曜よる10時スタート??

Story ♥♥♥あらすじ♥♥♥

主人公・小林虎美(40)は、OLを辞めてタイガーアシストというひとり便利屋業を営んでいるが、料金が無料のため経営が立ち行かず、貯金が底をつきかけていた。そんな中、起死回生を狙って参加した異業種交流会で、経営者のカリスマ・星野腱(37)と出会う。タイガーアシストをアピールする虎美に対し、星野は『こんなものはビジネスではない』と言い放ち、虎美の目の前で彼女の名刺を踏みつけてしまう。すると、突然会場内の柱が倒れてきて、星野を直撃。元柔道部の虎美がとっさに星野をかばい、回転受け身を取ったため星野は一命を取り留める。それ以来、虎美に一目置くようになった星野は、お礼がしたいと執拗に申し出てくる。自身の仕事を侮辱された恨みから星野を拒否続ける虎美。しかし、星野のインスタグラムのフォロワーが10万人あることを知った虎美は、星野にお礼としてタイガーアシストの利用を提案する。

星野は、結婚しろとうるさい両親を黙らせるために、虎美に彼女役を演じて両親と会っほしいと依頼する。気楽な独身生活を続けたい、という星野の動機が不純だと感じた虎美は、その依頼を断って代わりに彼の部屋の整理・整頓のアシストを受注する。

星野の思い出の品を整理していると、その中に一人の女性の写真を見つけた虎美。星野が本当はその女性を愛していて、彼女とは結ばれない運命にあるため生涯独身を貫こうとしていることを知った虎美は、星野の彼女役をアシストすることを承諾する。

2人は本当の関係を秘密にしながら、 「依頼主=彼氏」「便利屋=彼女」 を無事演じ切ることができるのか?! 

第2話に続く🐯🍖✨